ラインよ、24時間ノントラブルで動け。

トップページ » ナカサクの仕事「小型超精密部品製造ライン」

ナカサクの仕事「小型超精密部品製造ライン」

小型超精密部品製造に、ミスは許されない。
限られた条件の中で、最良のものをつくりあげろ。
“何かを生み出そう”とするエキスパートたちの心が燃えた。




製造ラインをつくってもらいたいとの依頼があった。これがはじめてのおつきあいとなる、ユーザーからの依頼だった。これには伏線となるプロジェクトがあった。類似した小型超精密部品製造ラインの入札である。1年半の期間をかけ、心血を注ぎ積み上げていったプロジェクトだった。技術提供などを通じて、高い評価は勝ち得ていた。

しかしさまざまな事情で、計画図面までで終わっていた。製造ラインは専門メーカーの製品を組合わせることによってなりたっている。入札の際、それを取りまとめたのがナカサクであることを聞きつけ、声をかけてくれたのだった。

新たなプロジェクトがはじまった。製造ラインはおおまかに、超精密部品の元となる金属板をプレスで抜き、洗浄、乾燥、回収を行った後に、機械による傷検査、目視検査を行い、計数、袋詰という工程で行われる。

1時間に処理する部品の数は30万個。最終的にできあがるものの種類に関わらず、計数誤差は絶対に許されないものである。小さい部品を、スピーディに、しかも正確に…。

洗浄や乾燥を行う設備は、ナカサクで製造した。傷検査や計数のための機器は、メーカー製の製品を改造した。取り組んだメンバーは、みんな“何かを生み出そう”とするエキスパートたちだった。想像だにしなかった壁をいくつも乗り越えた。それを支えたのは、開発から加工までの、一貫した技術の流れをもつ自分たちに対する自信だった。

現地での手直しや試運転も深夜までおよんだ。そしてラインは完成した。後日、担当技術者がクライアントにその後の様子を聞いた。返事は「24時間ノントラブルで稼働している」。言いようもない喜びで満たされた。


  • Japanese
  • chainese
  • English
  • korean