トップページ » プレスリリース

プレスリリース

■2012年1月:新年のご挨拶

毎々ご高配を賜り、心から厚く御礼申し上げます。
皆様におかれましては、師走のご多忙の中ご活躍のことと拝察いたします。

平成24年は、壬辰(みずのえ・たつ)たつ年。
壬(みずのえ)は、「妊娠の妊」、子供をおなかの中で育てるや、水の中に浮かんで自由に適応していくとか、「任務の任」、問題や任務が増大し、いろいろなことを同時にこなして行く必要が生じると、言う意味もあると伺いました。また、辰の字は、そびえ立つ崖の下にいる状態を示す言葉で、雲の上までそそり立つような石壁を見上げる姿。ロッククライミングしだすと降りられなくなり、登り続けなければ帰りは・・・。といって、この石壁から逃げてしまって、今より良くなる保証はなさそうです。

新しく生まれ続ける生命たちに自由を保障し、倍する任務にも頭・手・足・指先などすべてを使って、本当の力を自分自身が信じて、そそり立つ壁に挑戦するのが、平成24年と考えます。皆様の考えや思いを込めた製品をお客様にお届けしたいです。 今後とも、皆様方のご指導ご鞭撻を心からお願い申し上げます。
株式会社 ナカサク
代表取締役社長 中作佳正 拝
■2011年9月:今年も「びわ湖環境ビジネスメッセ2011」に出展します

びわ湖環境ビジネスメッセ2011
今年も「びわ湖環境ビジネスメッセ2011」に出展します。
開催は2011年10月19日(水)~10月21日(金)の3日間 。 10時~17時(最終日は16時まで)となっております。ぜひご来場ください。
■2011年1月:あけましておめでとうございます

旧年中は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
本年もご愛顧の程お願い申し上げます。

平成23年は、辛卯(かのと・う)うさぎ年。

辛(かのと)とは、新につながり、例えば植物が枯れ新しい芽が吹く様子で、一方、卯(う)は、反対に草木が地面を覆い尽くす様子と聞いております。
戦後、常識とされ法律化されてきた慣習、そしてその流れでできた現在の最後の姿が、腐れ尽くし、爆発的な変化「乱」の予兆ともいえます。XYZの後は有りません。
またABCから始めるには、決定的な破壊が必要となります。新たなチャレンジとして、ABCから始めるための、強烈な痛みを乗り越える準備を整える年と思います。

乱に乱で望むのでなく、乱に対して、統べる整えるで、望みたく精進してまいります。
今後とも、皆様方のご指導ご鞭撻を心からお願い申し上げます。

株式会社 ナカサク
代表取締役社長 中作佳正拝
■2010年11月:びわ湖環境ビジネスメッセ2010 ご来場ありがとうございました。


びわ湖環境ビジネスメッセ2010
10月20日~22日に開催しました、「びわ湖環境ビジネスメッセ2010」は、来場者総数は36,580名をかぞえました。皆様のおかげをもちまして、私どもの展示ブースにも、大勢の方にお立ち寄り頂き、心から感謝申し上げます。

同展示会では、排水処理装置「テラクララ」、廃プラスチック油化装置「まちの油田」を、ご紹介させていただきました。

多数のお客様から、非常に貴重なご意見を拝聴することが出来ました。改めて厚く御礼申上げます。 今後とも、ナカサクの商品をお引立て賜ります様、何卒宜しくお願い申上げます。

株式会社ナカサク
代表取締役社長 中作佳正

◆ご質問又はご依頼等ございましたら
下記亀田または吉田(和)宛までお申付け下さい。

技術開発部 新規開発室 亀田長久
E-mail:n-032@nakasaku.net
Tel:0748-75-1175(代表)
Fax:0748-75-3199

総務部 経営企画室 吉田和浩
E-mail:n-092@nakasaku.net
Tel:0748-75-1175(代表)
Fax:0748-75-0178

2010年 8月追加

■暑中お見舞い申し上げます。

毎々格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、誠に恐縮ですが、弊社夏期休暇を下記の通りとさせて頂きます。
今後共一層のお引立ての程お願い申し上げます。

<夏期休暇>
8月13日、14日、15日、16日
平成22年 盛夏
代表取締役社長 中作 佳正

2010年 1月追加

■2010年1月:あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
毎々ご高配を賜り、心から厚く御礼申し上げます。
皆様におかれましては、穏やかなる新年をお迎えのことと、お喜び申し上げます。

平成22年は、庚寅(かのえとら)年です。

庚は、斧や刀などの金属を表し冷徹に更新することで、寅は、木を表し演じるや動く意味が有るそうです。斧は、木を切り倒します。成長しようとする木を冷徹に切り倒す年とも受け取られます。実際、60年前の庚寅1950年に朝鮮戦争は勃発しました。しかし、見方を変えれば金属で木を彫ることで、900年前の仏師、運慶や快慶は仏像という形で木に新たな生命を吹き込みました。 相剋(そうこく)を乗り越え、互いに生かす相生(そうしょう)へ。異なるものが生かし和える年にしたいです。

皆様方のご指導ご鞭撻を心からお願い申し上げます。

2009年 10月追加

■2009年10月:びわ湖環境ビジネスメッセ2009 ご来場ありがとうございます。


10月21日~23日に開催しました、「びわ湖環境ビジネスメッセ2009in長浜」は、来場者総数は38,970名をかぞえました。皆様のおかげをもちまして、私どもの展示ブースにも、大勢の方にお立ち寄り頂き、心から感謝申し上げます。

同展示会では、排水処理装置「テラクララ」、廃プラスチック油化装置「まちの油田」を、ご紹介させていただきました。

多数のお客様から、非常に貴重なご意見を拝聴することが出来ました。改めて厚く御礼申上げます。 初出展につき当日は、皆様に充分な対応をさせていただけましたか心配しております。 今後とも、ナカサクの商品をお引立て賜ります様、何卒宜しくお願い申上げます。

株式会社ナカサク
代表取締役社長 中作佳正

◆ご質問又はご依頼等ございましたら
下記亀田または吉田(和)宛までお申付け下さい。

技術開発部 新規開発室 亀田長久
E-mail:n-032@nakasaku.net
Tel:0748-75-1175(代表)
Fax:0748-75-3199

総務部 経営企画室 吉田和浩
E-mail:n-092@nakasaku.net
Tel:0748-75-1175(代表)
Fax:0748-75-0178

2009年 9月追加

■2009年9月:ものづくり中小企業製品開発金が採択決定

ナカサクが開発している「廃プラスチック油化装置の小型実用機」が全国中小企業団体中央会が行う「ものづくり中小企業製品開発等支援補助金」に採択されました。
■2009年9月:湖南本社事務所お化粧直し

湖南本社事務所の外壁塗装を行いました。

2009年 8月追加

■2009年8月:尼崎工場 ISO9001取得

品質「ISO9001」は湖南工場のみの登録でしたが、この度、尼崎工場につきましても取得を行いました。詳しくはこちらから
■2009年8月:油化装置「街の油田」を開発

廃プラスチックを油化し再利用する装置を開発しました。小型で操作が簡単、そして安全なシステムをコンセプトとして開発を進めてきました。テラクララと同様に環境に貢献できる設備の開発を今後も進めて参ります。(現在、「街の油田」の紹介ページを制作中です)
■2009年8月:湖南工場 大型ロール研磨機 リニューアル

湖南工場加工部の大型ロール研磨機をリニューアルしました。
■2009年6月:湖南工場 大型横中ぐり盤 リニューアル

湖南工場加工部の大型横中ぐり盤をリニューアルしました。

2008年 9月追加

■2008年9月:湖南工場 大型旋盤NC化 リニューアル

湖南工場加工部のロシア製大型旋盤L-5のNC化が完成しました。
機械系・駆動系・制御系をすべて一新し、コンピューター制御可能な高精度旋盤に生まれ変わりました。

2008年 6月追加

■2008年6月:本社湖南・尼崎工場 ISO14001取得

環境「ISO14001」を湖南・尼崎工場につきまして取得を行いました。
詳しくはこちらから
■中作(上海)商貿有限公司 設立

中国・日本市場の架橋として、お客様の考えを的確に反映し、購買代理をする機能を育てていきたいとの思いから、 中作商事株式会社の100%出資で、上海市に外商投資企業として「中作(上海)商貿有限公司」を設立いたしました。 産声を上げたばかりですが、皆様のご指導の下、NAKASAKUグループの一員として、アジアまた世界各国の企業とビジネス展開を進ていきます。
■中作商事株式会社 設立

今まで「ナカサクさん、こんな機械できないの?」と、お客様から聞かれても、ナカサクで納期的に品質的に機能的に製造できないものは、基本的に断ってきました。しかし、皆様の経験や知識を整理しつつ、お客様の要求を的確につかみ、購買代理をする機能を育てたい思いから、中作商事を設立しました。自分に出来ないことを出来るようにする機能を育て、世に問い仕事を得る、新しい知識や技術を得ていく、ナカサクの発展に寄与すると期待しています。

2007年 8月追加

■湖南第2工場 2007年11月竣工

ナカサク湖南第2工場が11月竣工しました。
幅24m、長さ80m、高さ11m
(フック下7m/10トン×2基・2.8トン×2基)
570坪。


環境方針に基づき、2008年3月を目標としISO14000を取得する事としました。

株式会社ナカサクは、地球市民の一員として、産業機械エンジニアリング及び製造・大型機械加工の事業を通して、より良い社会環境作りに貢献するため、事業活動によって発生する廃棄物・資源及びエネルギーの消費等によりもたらされる環境汚染を、可能な限り少なくする事が大切であると言う考えに基づき、環境マネジメントシステムを確立し、継続的な改善を進め、地球及び地域の環境保全に積極的に努めます。

弊社の環境方針はこちら

2007年 7月追加

■立命館大学産学協同アントレプレナー教育プログラムに協賛しました。

2007年7月12日に行われました、立命館大学産学協同アントレプレナー教育プログラムに、フォーラム特別協賛として株式会社ナカサクも参加しました。

2006年 11月追加

■湖南新組立工場が完成しました。

工場の仕様は、工場幅:10.5m、工場長さ:41.5m、
工場高さ:5m(クレーンフック下)、
クレーン揚力:5トン×1台・2.8トン×1台。
湖南工場への地図はこちら

2006年 10月追加

■Race Report of Formula D

2006年8月18~19日、シアトルで行われました第5戦にて、
ナカサクがスポンサーとなっているチームシグナルの大久保(Yukinobu BONEY Okubo)がついに優勝しました!レースの詳細ポイント等はformulad.comにて。

■尼崎第2工場をリニューアルしました。

工場の仕様は、工場幅:10m、工場長さ:45m、
工場高さ:6m(クレーンフック下)、
クレーン揚力:5トン×2台。
尼崎工場への地図はこちら

■経営革新計画の承認を滋賀県より承認されました。

活性汚泥厨房排水の分解消臭システムAQUATRONの開発及び技術知識ユニットによる、新たな販売生産方式の開発をテーマとした経営革新計画が、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律第9条第3項の規定に基づき承認されました。詳しくはこちら

2006年 9月追加

■吉向松月窯の鏡

吉向松月窯は大阪で200年の伝統を守る窯元です。各種のお茶道具を中心に、鮮やかな色彩とぬくもりのある形を生かした多くの作品を作り続けています。写真の鏡は、弊社が伏見神宝神社に寄進したものです。(2002年)

■Race Report of Formula D

6月9~10日、第3戦シカゴ。7月7~8日、第4戦ソノマ。GT-R34の設定をサーキットver.からドリフトver.に変更して参戦。今迄よりも大久保らしさが出たラウンドでした。
(掲載の写真はシカゴ戦)

2006年 7月追加

■伏見神宝神社に創業80周年の感謝の人形を寄進しました。

弊社創業80周年を感謝致しまして、中世の戦記物語「源平盛衰記」に稲荷社の神として登場し、病気平癒の霊験を現した草童が、御所人形姿の神像となって伏見稲荷大社奥宮近くにある伏見神宝神社の本殿にまつられました。(制作:有職御人形司十二世伊東久重さん)詳しくはこちら

■レーシングチームのスポンサーになりました。

全米プロシリーズFormula D で活躍する弊社社員 大久保征宣(Yukinobu BONEY Okubo)が所属するTEAM SIGNAL(株式会社シグナル)のスポンサーになりました。「www.nakasaku.net」のステッカーが車両の正面に!

2006年 4月追加

■4月1日をもちまして株式会社ナカサクは、創業80周年を迎えました。

大正15年に初代社長 中作幾次が創業し、以来長年に渡り皆様の御支援、御指導を賜り、この日を迎えることができました事を深く御礼申し上げます。これからも歴史に培われた経験と技術を活かし、驕ることなく今迄以上に精進していく所存でございます。今後とも、より一層の御愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

N-Sympathy
皆様と共鳴しあえる社員の育成を行います。
N-History
未来と共鳴しあえる歴史を編修します。
N-International
世界と共鳴しあえるネットワークの構築に努めます。

  • Japanese
  • chainese
  • English
  • korean