ナカサクには、標準という言葉はない。

トップページ » ナカサクの“開発力”

ナカサクの“開発力”

枠にとらわれない柔軟でオリジナルな発想を。
さまざまな業種を知っていることがナカサクの強みです。

ナカサクの仕事は、さまざまな業種のユーザーとの連携プレイです。そこから学んだひとつひとつが私たちのフィールドを広げています。標準ではない、ナカサクらしさを付加したものを…。ナカサクの技術開発は、試行錯誤への努力を決して惜しむことはありません。

そノウハウを深めながら、新たな挑戦を。
たゆまない技術への取り組みが開発力を支えます。



“いかにナカサクならではの視点が出せるか”それが、私たちの技術開発における基本的な姿勢といっても過言ではありません。それを可能にしているのが、これまでさまざまな仕事を通じて培ってきた、幅広い技術フィールドのノウハウです。
私たちナカサクはそれぞれの分野の専門メーカーではありません。だからこそ“標準”にとらわれることない発想ができるのです。多様な業種を知ってる、その強みをぞんぶんに生かした開発力で、ユーザーの課題にともに挑んでいます。

私たちの技術は、基礎的な技術の積み重ねです。問題点に直面したら、まず原点に返ってみる、そこにヒントが隠されているかもしれないから。その試行錯誤が、やがて答えとして開花します。

ナカサクの大きな特長のひとつが、技術開発部門と加工部門が隣接していることです。ひとつのアイデアがひらめいたとき、すぐにチャレンジし、答えを実際に確認。スピーディな作業に貢献しています。


  • Japanese
  • chainese
  • English
  • korean